クレンジングジェルを選ぶ

サラサラタイプのクレンジングジェル

クレンジングでもジェルタイプは、たいてい透明、もしくは半透明のトロンとしたテクスチャーのものです。 このジェルの最大の魅力は、なんといってもさっぱりとした使い心地といえるでしょう。 べたつきもなく手にスーっと馴染み、洗い上がりもサラサラとしたものが多いようですので、好んで使う人も多いと思われます。

しかし、ひとくくりにジェルと言っても、大きく分けると油性と水性の2種類に分けられます。 油性のものにはオイルが含まれていますので、皮脂の汚れがしっかり取れますが、その分肌への負担は大きくなります。 しかし皮脂をさっぱりさせたい人、肌のくすみを取りたい人にぴったりなタイプです。 敏感肌の場合は、オイルタイプのものは、かなり洗浄力が強いので、出来るだけ避けたほうがよいでしょう。

ジェルタイプのものは、とにかくバリエーションが豊富なので、肌のタイプやメイクの状態により選ぶ必要性が出てきます。 適切な使い方をしなければ、十分な効果は得られませんので、どの部分にどのような使い方をするのか良く考えて使用しましょう。

そして拭き取りタイプのものあり、とても便利で使われている人も多いと思いますが、強くこすると肌への負担が大きくなるので、慌てずメイクをそっと浮かせるようにして、取り除くよう心がけましょう。

クレンジングジェルの種類

クレンジングジェルは、だいたい半透明かもしくは透明のものが多いようです。 そのほか、手でのばすとクレンジングオイルのように見えるものまでありますので、ジェルとひとことでいっても多種多様です。

そして肌への刺激がマイルドなので、毎日のスキンケアに用いるという人は少なくないようです。 クレンジングジェルは、大きく分けるとオイル型・高分子型の2種類になります。 オイルタイプは、クレンジングオイルと一緒で、界面活性剤の乳化作用でメイクや汚れを落としていくものです。 高分子型は、水溶性高分子成分が汚れを落とす働きをしますので、オイルタイプが苦手な人は、こちらを選ぶとよいでしょう。 メイクは、ある程度は洗顔料で落とすことが可能ですが、十分に落とすにはどうしてもクレンジングが必要になります。 しかもメイク用品は、時間が経っても化粧が剥げないような成分が配合されており、石鹸では落ちにくくなっています。

いろいろのことを踏まえて、皮膚を清潔でバランスのいい状態に保ち、できるだけ保湿や保水を行うことが大切です。 肌がくすみがちな人や皮脂が多めという方は、クレンジングジェルがお勧めと言われていますが、メイクの落ち方、洗い上がりの感触や乾燥度は、商品によって違ってきます。 自分にあったクレンジングジェルの成分を、前もって知っておくと、この先いろいろと選びやすくなると思われます。

クレンジングジェルの上手な使い方

軽い手触り感が好きで、クレンジングはジェルタイプを愛用している人も多いことでしょう。 そしてやはり、クレンジングジェルの効果を最大限に引き出す使い方といえば、なんといっても、メイクとジェルをしっかりなじませて、顔に付いているすべてのメイクを浮かび上がらせることが、ポイントとなります。

まず手や顔は濡らすまえに、先にしっかりジェルとメイクをなじませましょう。 適量のジェルを丁寧に顔に付け、指の腹を使って軽くマッサージする感じでのばしていきます。 汚れとジェルがよく馴染むように、はじめは鼻や小鼻から、そして額やあご、頬へと円弧を描くようによく伸ばします。

鼻孔のまわりの小高い部分は、洗い残しが出やすい部分なので、指を小さく動かすようにして、特に丁寧にマッサージしていきましょう。 頬のような広い場所には、そっと静かに伸ばしていきます。

体温でクレンジングジェルが温まると、マッサージ効果やパック効果は、さらに高まります。 そして、すすぎはぬるま湯を用いて、しっかり丁寧に流しましょう。 クレンジングジェルの中には、コットンやティッシュ等で拭き取るタイプもありますが、洗い上がりや肌への負担を考えると、洗い流した方が良いでしょう。

肌に優しいクレンジングジェル

クレンジングは、どうしても化粧を落とすことのみにスポットが当たってしまいがちですが、素肌の大切な皮脂までとってしまっては本末転倒です。 石油系洗浄成分はとても洗浄力が強いため、汚れ落としには優れていますが、肌を紫外線や外気から守る皮脂まで奪ってしまうものも多いことは確かです。

少し前のクレンジングジェルには、肌に対して有害な成分があたりまえのように含まれていました。 多くの化学原料が使われていたため、クレンジングジェルで肌荒れと起こしてしまうケースが多かったようです。 そんな女性が肌に対して様々な悩みを抱えている中、無添加の化粧品が注目されており、商品もどんどん増えてきています。

そもそも無添加というのは、鉱物油や防腐剤、保存料など肌を刺激する成分が入っていない、天然の成分で出来ている化粧品のことをいいます。 昨今、いろいろな商品開発がされており、アルカリ水という特殊成分で、皮脂やたんぱく質を溶かす作用を使うことで、メイクを落とすクレンジングジェルなども商品化されています。

消費者側も、肌に負担になる成分がどのくらい、そしてどのように入っているのか良く確認して、自分にあったクレンジングジェルを探す努力も大切です。 どの、商品をセレクトして、いかに肌への刺激を少なくし、さらに化粧をしっかり落とすかが、美肌への第一歩となることでしょう。

クレンジングでどうしても迷うなら、ジェルではないですが、マツエクOKのファンケル マイクレ お試しが500円ですよ♪