ニキビケアにサプリメント?

ニキビができたらサプリメントが効果あるという
話を聞いたことは一回はあるかと思います。

TVのCMなどでもショコラBBを飲めばニキビが治る
なんてフレーズはよく流れています。

大人ニキビにサプリメントは果たして効果が
あるのでしょうか?自分なりに調べたことを
まとめてみます。

そもそも大人ニキビと思春期のニキビは違うのか?

ネット上を見る限りニキビにはさまざまな原因が
あります。思春期のニキビの大人ニキビは原因が
違うとよく言われますがそれは違っています。

成長期になると皮脂の分泌が増加してニキビが
できやすくなり、一方大人ニキビはストレスや
ホルモンバランスが乱れてニキビができる
というのが一般的な説明です。

もちろん、上記のものも原因の一部ですが
根本的にニキビができる原因は3つです。

皮脂分泌増加
アクネ菌の繁殖
免疫機構の異常反応

この3つの原因のうちどれかしらに効き目が
なければニキビ治療には効果が全くありません。

ニキビにサプリメントやビタミンは意味ある?

ニキビにはビタミンやサプリメントがいいということは
皆さんは聞いた事があると思います。それは正しい
ですが、しっかりした知識がないと効果がない
サプリメントを買ってしまうことになります。

まず、日本がサプリメントに関しては後進国といわざるを
得ません。残念ながらですが。その理由として
日本のサプリは生理学的摂取量に基づいて作られてます。

他方、サプリメントの先進国といわれるアメリカは
薬理学的摂取量を基準として作られています。

ここでいくつかサプリメントの所要量を
紹介します。

生理学的摂取量

これは、この数値以下のビタミンやミネラルの
摂取量だと欠乏症に陥り、体の機能に障害が
でる可能性があるという量です。

日本のサプリメントはこの量を基準に作られている
のでアメリカのサプリに比べて含有量が低いです。

薬理学的摂取量

これは病気や疲労回復などの様々な症状に対して
この量をとると改善が期待できるという量です。

なので当然ながら生理学的摂取量よりも
必要とされるビタミンやミネラルの量が
多くなります。

許容上限摂取量

これはこの量以上のビタミンやミネラルを
摂取すると逆に健康被害を及ぼす可能性を
及ぼす可能性がある量です。

ビタミンやミネラルの中には異常な量を
とると、副作用がでることがあります
注意しましょう。

水溶性のビタミンであれば尿とともに
体外に排出されるので過剰摂取の心配は
ありません。

しかし、脂溶性のビタミンですと、体外に
排出されるまで時間がかかるので過剰摂取
の害が生じることがあります。

何で日本のサプリはだめなの?

なぜ、日本のサプリはアメリカのサプリに
比べて品質が劣っているのでしょうか?

まず、日本は新しい薬の認可がおりる
までかなり慎重な姿勢をとっています。スポンサードリンク

厚生省が審査を通すまで時間がかなり
かかります。そのため、アメリカの
ように病気に対してアグレッシブな
方針ではなく、リスクを抑えるということを
第一優先にしているので欧米に比べて
医学の発達が遅れています。

また、アメリカは健康保険の加入が日本と
違い義務付けられていないので、医療費を
全額負担することもあります。

そのため、病気になるまえにサプリメントで
予防しようとする考えが国全体に根付いています。

さらには、アメリカにはサプリメントに関する法律
があるので日本よりも品質管理に厳しいですし
成分や飲むタイミングがしっかりラベルに明記
されています。

さらにはタイムリリース加工やキレート加工
といって、サプリメントに特殊な加工を施す
ことでより効果を高めています。

ニキビケアサプリメントまとめ

よくサプリメントとして、DHCやオルビス
ファンケルといった会社が作った製品が
薬局やドラッグストアに並んでいますが
そのようなものよりアメリカ製のサプリメント
のほうが効果が断然違います。

容量や費用対効果を考えてもアマゾンなどの
個人輸入でアメリカ製のサプリを使用すること
を強くオススメします。

重度なニキビの場合にはサプリメントではなく
もっと強い治療薬を飲まなければなりませんが
軽度のニキビであれば適切なサプリの使用方法
で十分改善効果が期待できます。

まあ、サプリメントにこだわらなければ、良いコスメはいっぱいあります。

例えば、ファンケル アクネケアなんて、かなりお肌に良いと評判ですよ。